人気ブログランキング |

特別篇。

e0016517_22080404.jpg

宮無后の剣、朱虹 ↑
台湾の霹靂社所蔵。

持っている手はワタクシの手ではない。

現地合流の友人の手。
(大変お世話になった)


馬鹿日記シリーズでは、
ほとんど出て来ない話題だが、

宮無后は、
武人でもある。

養父兼お師匠様に、
武術の達人に育てられた。
実のお父さんも、
武術の達人だ。


貴重な剣に2日も触れさせてもらい、
霹靂社にはありがとうございますと、
何度言っても言い尽くせない感がある。








# by leea_blog | 2019-05-02 22:31 | Comments(2)

平成最後と令和始まりにまたがる転地療養日記 特別篇


無理が祟り、
昨夜は体調不良で、
夕食も食べられなかった。


今日のハードな1日ツアーは、
無理かもしれない、

最悪キャンセルかもしれない、

と覚悟をしていた。


無事に今日を終えられて、
多くの人々に感謝をしている。


湯治を削って、
2日もツアーに参加した。
転地療養になっていない気もする。

後悔はしていない。


ワタクシの不調の原因は、
メンタルストレスだ。


これ程達成感と幸福感が得られたなら、
お釣りが来るくらいの療養ではなかろうか。


高い山に登ったとか、
海に出掛けたとか、

そういうツアーなら、
人の共感も得られそうだが、

ワタクシの今回の1日ツアーは、

ウチに居る人形劇の人形の、
本尊木偶に会いに行く、という、

人形愛に落ちた人しか共感出来ないであろう、

霹靂社スタジオツアーであった。


通りすがりの皆様の、

何の参考にもならず申し訳ない次第。


参考になる事としては、
何かを好きになってしまう、
という体験が、

脳から出る分泌物の変化をもたらすかもしれない、という点だ。

急には無理でも、

徐々に、見える景色が変わって行くような。


何かを好きになる、
などと言っても、
そうそう都合よく好きになれる事はない。


運の一つだ。

転地療養をお勧めするのは、
場所を変えれば景色も変わる、

見えるものが違えば、

脳も休めるし、
違う刺激を受けるからだ。







# by leea_blog | 2019-05-02 22:06 | Comments(0)

平成最後と令和始まりにまたがる転地療養日記

e0016517_21250314.jpg

私と写真を撮る為に、

しずしずと近寄る宮無后。


これは正確には、

転地療養日記とも言えないし、

馬鹿日記シリーズでもない、

特別篇です。



馬鹿日記は、

うちの人形とのバカップル振りを書くシリーズで、

こちらのお方は霹靂社保管の宮無后です。




宮無后らしい、

内面に重いものを抱えた、

気品のある動作です。








# by leea_blog | 2019-05-01 21:23 | Comments(2)

令和最初の転地療養日記

ありがとう平成、
こんにちは、令和。

令和最初の転地療養である。

困った。
30日の1日ツアーで燃え尽きた。

体調が悪い。

帰る体力をどうやって作るかな。


いやいや、
明日も30日と同じツアーを申し込んでいる。

帰ったり寝てたりしてはいけない。


今回は少しも療養ではないではないか?

メンタル面では、
凄く幸福になれていますよ。

メンタル的に特別な転地療養です。



マンゴーでビタミンを補給して、
今日は早く寝よう。


e0016517_18535902.jpg

ただし、寝るのは早すぎても良く無い。

変な時間に目が覚めてしまうからだ。



こうなったら自己暗示だ!

スマホに保存した人形の画像を見る。


e0016517_18592270.jpg

素還真
「公主、大丈夫です。
新幹線で雲林までおいでください。

昼頃には、異数版の素某が、
ツーショットで
福をお授け申します。」


福を授けてくれるのかー。

絶対いかなくては!



素還真
「公主は旅先で寝込んだ事も

多いではありませんか。

経験者なのです。

慌てず騒がず、

対応出来ますよ」


確かに。

素還真は賢人だなあ。


















# by leea_blog | 2019-05-01 18:47 | Comments(2)

平成最後、令和最初の馬鹿日記


昨日は平成最後の日だった。

馬鹿日記シリーズとしても、
平成を締めくくる、
一生のうち何度も思い出しそうな、
1日ツアーに参加した。


色々差し障りもありそうで、
ツアコンから、
どんどんアップしてくださいね、と、
言われたシーンも、

様子見である。


体力の無いワタクシが、
よく一日中もった。

神々であるとか、
守り神であるとか、
リアルの人々の善意であるとか、
そうしたものの全てのおかげだ。

ハードすぎて、翌朝の今朝は、
起きてからシャワーを浴びたのかどうか、
記憶が無い。

実は同じツアーを、明日も申し込んである。


シルバーウイークまで仕事出来る心身を作る転地療養の筈が、
全身全霊を昨日に注いでしまった。

後悔はしていない。

私は夢でも見ていたのであろうか。


今日は年号も改まり、
令和となった。

年号が変わるから何かも変わる訳では無い。

しかし、縁起を担ぐのは、
日々を乗り切るささやかな智慧だと、思う。










# by leea_blog | 2019-05-01 10:27 | Comments(2)

平成最後の転地療養日記その3 紫藤盧

e0016517_22374471.jpg

明日はいよいよ、ハードな1日ツアーだ。

台北の茶芸館、
紫藤盧で、
美味しい台湾茶を飲んで、
英気を養った。


台北には、茶を楽しむ茶芸館が沢山ある。

郊外の猫空という地域には、
茶芸館が
集まり、24時館営業の茶芸館も複数ある。

茶器と茶葉持参で、
茶水代を払って、自分の好きなお茶を飲める所もある。

お茶を楽しむ習慣の奥行きが深い。


e0016517_22384162.jpg

硝子のやかんには、
お茶の為に選ばれた、
台北の山の春の水が沸騰している。



# by leea_blog | 2019-04-29 22:36 | Comments(2)